デンマーク留学

Housing Foundationで寮を契約する際のアドバイス9選。

どうもこんにちは、あおです!

 

今回はデンマーク留学に際してHousing Foundationで寮契約をする際のアドバイスをしたいと思います。

 

寮確保に関する大まかな流れは以前記事にしているので、まずはそちらから見ることをお勧めします~!以下です~!

Housing Foundationで寮を選ぶ際のアドバイス。

1,部屋の予約開始日時をホームページで確認しておく

Housing Foundationのホームページに行くと、秋学期開始前、春学期開始前には寮の予約開始日時がでかでかと表示されます。

 

わたしの場合、私費留学生だったからか、コロナだったからか、この予約開始日時をたしか1週間過ぎても音沙汰がありませんでした。

留学先のコペンハーゲン大学の方から案内が来るはずだったのですが、来なかったんですよね。

 

どうなっているんだろうと思って、問い合わせをしたら対応してもらえました。忘れてただけじゃね感?笑!

 

コロナだったので、それだけ日付を過ぎても部屋はだいぶ残っていましたが、ふつうは秒速でいい部屋がなくなるそうなので、早く確認して動けるようにしておきましょう!

 

2,ホームページとBooking Manualを読み込んで部屋のあたりをつけておく

部屋の予約ページは制限時間が設けられているんですよね(どんくらいだったかは忘れた)。

 

その時間を過ぎるとアクセスし直しになって、例の通り寮確保争奪戦に敗北する未来が見えます。

 

それを防ぐためにもHousing Foundationホームページやホームページ上にあるBooking Manualを読み込んで部屋の内容や契約の流れをよく確認することをおすすめします。

 

 

ただ、ホームページに書いてある以上の情報がこの予約ページに記載されているので、多分また悩むと思います笑。

優柔不断には厳しいシステム笑!

 

 

3,部屋は意図しない時期から契約が始まっていることを知っておく

Housing Foundationの契約開始は完全に向こうの都合で決まっています笑!

9月1日に授業がはじまるから8月20日くらいにデンマークに入国しようかな~とか思っても、8月20日から契約をスタートさせることはできません。

 

7月15日とか8月15日とか勝手に決まっています笑。

ひどいのは9月5日とかから始まるやつ笑。それまでどうしろというんだ笑。ホテルかエアビーか笑?

たとえ住んでいなくても、契約はスタートしているので、この分のお金を払わないといけないんですよね~。

 

なのでわたしも7月15日契約スタートだったので、泣く泣く1か月分余分なお金を払いました。

 

だから悪名高きHousing Doundationとか不名誉な称号がつくんだろうなあ。このやろう!!

 

 

4,自転車で20分はけっこうえぐい

ホームページには部屋についてあれこれ情報が載っていて、ざっくりした家賃や大学キャンパスまでの距離、交通手段などが見られるはずです。

 

そのなかで、「寮から〇〇キャンパスまで自転車で20分」のような記述がちょくちょくみられるはずなのですが、これけっこうえぐいです。まじで。

 

 

感覚としては、

めちゃめちゃ漕ぎなれて、道を覚えた状態で、全速力保って、の20分!!

 

です。

 

マジ疲れます。

 

 

高校時代チャリ通で脚力は鍛えられていたはずですが、後半しんどいなあ~と思っていました。

15分だと大丈夫笑。耐えられる笑。でも20分はきつい笑(経験者は語る)!!

 

 

東京のように信号があちこちにあるとか、交差点のたび速度を緩める必要があって20~30分かかるのとはわけが違います。

 

自転車用通路が整備されており、ほぼノンストップ状態チャリが実現した中での20分です。シンプルにえぐいです。

 

寮によっては〇〇キャンパスまでチャリで40~45分というところもあるはずですが、正気じゃありません。

 

個人的にはマジでおすすめしない笑!週1くらいならいいかもしれませんが、特に冬は寒いので、バスや電車を使うことになると思います……。お金かかるぞ~~。

 

5,契約時に50万円くらい用意しておく

寮の契約の際、部屋にもよるみたいですが、基本的には3か月分の家賃とデポジット(敷金的な、部屋の何かをぶっ壊したときにこのお金から修理費を払う)を払います。

 

私の場合、家賃は約10万円/月×3か月とデポジット約13万円だったので、44~45万円くらいでした。

 

2~3日以内に払わないと仮予約終わってあなた契約手続き全部やり直しになりますんで

 

という話だったので早急に払いました。

 

 

急だよ~~~~~~~~~~!!!!!

 

月ごとの支払いばかり想定していると痛い目を見るので、すぐに払えるように50万円くらい準備しておいてください!

 

6,クレジットカードの利用金額を一時的に引き上げる

学生用クレジットカードの利用限度額では44万円~45万円という金額は支払えないと思います。

 

なのでわたしも慌ててクレジットカードの利用限度額を一時的に引き上げました

 

 

60万円くらいまで上げたのを覚えています。

 

銀行に電話をすればけっこう簡単に対応してもらえたので良かったのですが、親の許可が必要だったのは面倒でしたね笑。成人してるのに~笑。

 

デビットカードでも支払いは可能ですし、あまり上限金額とかないはずなのですが、少しだけ手数料的なものが損になる感じだったので、クレジットカードにしました!

 

7,寮予約サイトうまく動かない時間帯がある(多分)のを知っておく

デンマークと日本の時差は約8時間(サマータイムでは確か7時間)!ありまして、日本でいい時間に作業を進めていると向こうでは夜中、なんてことがあります。

 

そんな夜中の時間帯だとサイトもうまく動かないときがあるようです。

 

 

 

それを実感したのは寮の支払いの時。

 

 

44万円~45万円という大金を払った際、

 

 

処理中……

みたいな表示が出てきて、

 

 

 

 

 

 

永遠に表示され続けました笑。

 

 

 

 

こえええええええええええええええええええええ!!!!!

 

 

完了って文字を見せて~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!

 

 

 

これ途中でページ閉じたらどうなるんだろう、お金どっか行ったとかなったらどうしよう、

と考えてだいぶ渋りましたが、ページを閉じてみることに。

 

 

特に問題なさげだったので(よかった)、その後チャレンジをするも、振り込みはあえなく失敗。

 

 

今向こう夜中の4:00だからな~と思ったので、時間を空けてみることに。

 

向こうの時間で5:00にチャレンジしてみたらできました!

 

 

なので、デンマークの時間が夜中の時はあんまりお金を動かずべきじゃないかも。

心臓に悪いから笑、と思いました!

 

8,こんな記述があったら

寮のお金を払うとき、どこかに“number of~”とか“~posting”とかの記述があるはずなんですよね。

 

1コ目は何回目の支払いですか?みたいなことをきいていて、シンプルに何回目の支払いかを答えれば大丈夫です。

 

2個目のはよくわからんぬ笑。

 

留学経験のある教授に「この記述はなんですか!?」と夜中にメールして聞きました笑笑。特に記述の必要はないとのことで、実際記述しなくて問題ありませんでした!

 

9,いろいろガバガバだという認識を持っていた方がいい

デンマークっていろいろと少し雑なのですが笑、寮の契約の時もちょいちょいびっくりすることがありました笑。2つほど紹介します。

 

1、設備の記載と実際とが違う?

寮の契約をしてみたところ、デンマーク語の契約書のところに私が契約した部屋の設備が記載されていました。

 

そこにあったのは、

 

部屋にある設備として冷蔵庫はチェックマークがなかったのに、冷凍庫にはチェックがあったこと……笑笑。

 

え、冷蔵庫ないのに冷凍庫あるの……笑笑?なにこの部屋笑笑。

 

 

まあ、冷やせるもんがあるなら問題ないだろうということで実際に部屋に入ったら普通に冷蔵庫ありました笑。冷凍庫付き笑。便利笑。あるんかい笑。心配して損した笑。

 

 

冷蔵庫単体はないってことだったのかな?

 

2,別の人の契約書が送られてきた

お金も払ってあとは契約書を書くだけ!!

というときに契約書が送られてきたのですが、内容を見る限り私のものではない笑笑。

 

 

名前は私なんだけど、我が家の住所や部屋の料金、部屋の設備が全然違う!!え??

しかも2枚送られてきた……。なんなんこれどういうこと……笑。

 

 

よくわからなくてHousing Foundationに連絡したら、変なやつは間違いだということが判明笑。

 

 

別の人のだったよ~ということでした。

どこでそんな手違いが起こるんだ……笑!

 

 

この件で私がよくわからないメール添付ファイルを開いたことが家族にバレ?、お前の情報リテラシーもやばいということで笑、

 

ウイルスソフトを念のため入れてもらえることになりました笑!

 

 

いや、これウイルス仕込まれてたら気づかねーわ、なんもなくてよかった。

 

まとめ

1,部屋の予約開始日時をあらかじめ確認しておく

2,ホームページやBooking Manualを読み込んでおく

3,部屋は意図しない時期から契約が始まっていることを頭に入れておく

4,自転車で20分はきつい

5,契約時に50万円くらい用意しておく

6,クレジットカードの上限を一時的に引き上げる

7,デンマーク時間が夜中の際にお金は動かさないようにする

8,支払いの際の”number of~”や”~posting”はあんまり気にしなくて大丈夫

9,いろいろガバガバなのを意識しておく

以上がデンマーク留学時、Housing Foundationで寮の契約をする際気を付けておくべき細かい点です!

 

 

え?え?これでいいの?ってなることがけっこう多かったので笑、これから留学しようとしている皆さんにはあらかじめ知っておいてほしいなと思いました。

 

皆さんの留学が実現することを祈っています!

では!

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。