バイト

ブライダルバイトの大変なところ。

 

どうもこんにちは。前髪が伸びてきたけどどうせコテで巻くからいいや!と思っているあおです。

 

 

今日はバイトについての話をします。サークルは2転3転した私ですが、バイトは長く続いています。というのも、バイトはお仕事の一環。ある程度責任もってやらないと!と思っているわけです。

 

そんな私はバイトを2つかけ持ちしていて、1つはブライダル、もう1つは塾の先生をやっています。はい、時給高いものしかやっていませんよ~。お金~!です。

 

そのうち、今回はブライダルのバイトがどんなものなのか紹介したいです。これを読んでブライダルバイト楽しそう!って思ってもらえたら嬉しいです。

ブライダルって何?

 

そもそも、ブライダルって何?って人もいるはずなのでその辺の説明からしていきたいと思います。ざっくり言うとブライダルは結婚式関連のバイトです。

場所によって違うのかもしれませんが、私のところは結婚披露宴の会場準備や披露宴での飲み物、料理の提供を行います。

レストランのバイトをイメージしてもらえればかなり似ていると思います。そして、結婚式や披露宴のプランニング、進行は社員の人がやっている感じです。

 

 

まあなんといってもこのバイトがものすごく楽しいんですよ!

結婚という、人生の1大イベントを迎える新郎新婦さんが本当に幸せそうで、心洗われます。

 

とはいえ、私が個人的に1番しんみりするのは新郎新婦さんのご両親を見るときなんですよね。安心したような、落ち着いたような表情でありながらすごく嬉しそうにしているのが伝わります。

主役の二人は気恥ずかしそうにしていることが多いですが、ご両親は心の底から喜んでいる。結婚式に呼ばれている友人たちも嬉しそうです。

 

現代では結婚しない人が増えていますが、やっぱりこんなに周囲を幸せな気持ちにしてくれるのって他にないだろうなと思います。なにせ、初めて会った赤の他人(私)でさえも幸せな気持ちになりますから笑!

 

ブライダルバイトの大変なところ

 

ですがもちろん、大変なこともあります。高時給バイトにはそれなりの理由があるわけです…。

1、体力がいる。色々重たい。

2、ミスが許されない。

3、お酒や料理名を覚えないといけない。

 

体力がいる。色々重たい。

まず、色々重い。皿やらグラスやら…。何かに付けて小型化・軽量化が好まれる現代において、結婚式はそれを完全に無視しているわけです。いい度胸です。

 

会場準備のときにグラスを席に1つずつ付けていく(置いていく)のは最初本当に大変でした!重くて重くて!

大体ラックという大きなケースに入っているわけですが、落としたら何万、いや何十万円という損害になるわけです…!いきなり30個くらい高価なグラス割ることになりますからね。

 

まあ、そんなもしものために保険的なのがあるので心配しなくて基本大丈夫です。いや、会社にはめちゃめちゃ迷惑かかるのでやっぱり大丈夫ではないです笑!

お皿は無駄にでかいです。料理のサイズ感に対する余白部分多すぎだろとツッコミたくなります。そしてその分重いです。また、お客様の人数の変動で机やいすを運ぶこともあります。重いです。

重いものばっかりだあ!!

 

ミスが許されない。

記念すべき日なのでミスが許されません。お客さんは基本ドレスアップして来ているので、何かをこぼすようなことがあってもいけません。

 

とか言いつつ、私は最初赤ワインを注ぐのが下手すぎて、机上で済みましたがこぼしました。「すみません!」と言ったら「バイト始めたばかり~?がんばって!もう一回これで練習していいよ~!」と言われました。

酔っ払いのおっちゃん、ありがとう。あれでブチギレられていたら今私はこのバイトを続けていないかもしれない…。

 

 

結婚式という記念すべき日だからこそお客さんも怒ることほとんどないな、と言うのがやっていて思うことです。酔っ払いパワーもえげつないです。みんな気分良くなってます。

私はこれを結婚式マジックと呼んでいます。マジでブチギレている人は今まで見たことがありません。

 

だからといってミスっていいとは思っていませんが、あまりにもミスっちゃいけない…!と思うとガチガチになってテンパってしまうんですよね。だから心の余裕、という面でもまあ大丈夫!くらいの心持ちでやっています。

 

お酒や料理名を覚えないといけない。

他に大変なのはお酒を覚えないといけないこと、なっがい料理名を覚えないといけないこと、またそれを説明できるようにならないといけないことです。

 

かくいうバイトの人って提供するおいしそうな高級料理、デザートを食べたことないんですよね笑。お酒もしかりです。

どのワインがおすすめ?とかデザートビュッフェでどれがおいしいですか?とか聞かれても、正直に言います。知らん!!知らんぞわれらは!!食べたことないからな!!わっはっは!!です。

 

どう答えるかというと、お客さんに提供してみて、おいしーい!といわれていたものを覚えておいて、答えるとか、全部お勧めですよ(にこっ)で逃げたり、TEKITOに答えたりですかね…。

 

終わりに

 

思えば大変なことがたくさん出てきてしまいましたが、それらを全部払拭するくらいの幸せと楽しさが得られます。

 

めちゃくちゃ大変なので、よく友達が言っている、「バイトあと○○分、早く終われ!」っていうバイトあるあるは当てはまりません。気づいたら終わってます。皆無に近いです。不毛な時間を感じたくない人にはおすすめです。

 

 

最後に時給について言及しておきます。体力が必要だったり、ミスが許されない緊張感があったりでブライダルバイトは大変ですが、時給は本当に良いです。1200円以上がほとんどです!いえーい!

 

ではでは、皆さんもこの記事を呼んでブライダルに興味を持ったらやってみてください!ほんとに楽しいですよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。